ケラチンの「タンパク質」

 髪の毛の成分は何種ものアミノ酸が配合されたケラチンの「タンパク質」で構成されてできあがっています。そのため本来必要とするタンパク質が満たしていないと、髪の毛は満足に育つことが出来ず、いつかはげになる可能性があります。育毛シャンプーといえど、脂っぽい肌向けだとか乾燥肌向けのものなどそれぞれのタイプに分類されているのがありますので、自分の地肌の体質にピッタリのシャンプーを選択するといったことも必須条件です。

 

 専門の病院(皮膚科系)で治療を依頼するにあたり、第一に障害になるのが治療費のこと。事実抜け毛かつ薄毛治療は保険が利用できないため、どうしても診察費用及び薬剤代などが高額となってしまうのです。実際に薄毛及び抜け毛のことに関して悲観している成人男性の多くがAGAになっているという結果が出ています。これといったお手入れをしないでずっと放っておくと当然薄毛が目立つようになり、じわじわ範囲が広くなっていく可能性があります。AGA(エージーエー)については通常、薄毛になったとしても、細くて柔らかく短い産毛は生えているでしょう。実は毛包がある限り、もう一度、太く長い健やかな髪の毛が育っていくことがあります。決してあきらめたりすることなどないのです。

  • 2015/12/10 15:59:10